社会 - 健康経営への取り組み -

当社では、従業員の健康保持や増進への取り組みが、企業価値、収益性などを高める投資であるとの考えに立ち、健康管理を経営的視点から捉え戦略的に実践する「健康経営」を推進しています。
※「健康経営」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。

健康宣言

当社は「健康経営」に積極的に取り組む気持ちを「健康宣言」にまとめました。
この宣言のもと、社員とその家族の健やかな明日のために、当社はさまざまな健康施策に取り組みます。

わたしたちは人々が心豊かに生きる社会の実現を目指しています。
そのためには、従業員とご家族そしてフジタで働くすべての皆さんが健康第一で心身ともに健やかであることは欠かせません。
フジタは健康をとことん追求する会社を目指します。
企業の発展とフジタに関わる皆さんの健康維持増進はともにあるという考えのもと、健康意識が高まるように積極的に働きかけます。
そして自分らしく健康に働き続けられる企業を目指して健康経営に取り組むことをここに宣言します。

組織体制

「健康経営優良法人」に認定

フジタは、経済産業省が定める健康経営優良法人2022に認定されました。健康宣言に沿って、フジタで働くすべての人の健康増進と企業価値向上に向けて健康経営に全力で取り組んでいきます。

スポーツエールカンパニーの認定を取得

スポーツエールカンパニーとは、スポーツ庁が、運動不足である「働き盛り世代」のスポーツの実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、社員の健康増進のためにスポーツの実施に向けた積極的な取り組みを行なっている企業として認定する制度です。当社はこれまでの取り組みが評価され、スポーツエールカンパニー2022の認定を取得しました。

Sport in Life コンソーシアムに加盟

2022年1月より、スポーツ庁が主催する 「Sport in Life コンソーシアム」 に加盟しています。国民のスポーツ実施率向上という目標の実現に向けて、「健康アプリを活用した運動推奨」や「運動クラブ活動の支援」といった従業員の健康維持・増進の意識向上を図る取り組みを継続的に推進しています。

具体的な取り組みの紹介

管理不良者へのフォロー

定期健康診断の結果、管理不良者と判断された従業員については担当部門より上司に報告し、産業医や保健師と面談の上、医療機関の受診や治療を促しました。特に保健師との面談では、改善に向けた食事指導や生活習慣の指導なども行なっています。また、定期的に診断結果を提出してもらい、継続的なフォローに取り組んだ結果、該当者の半数以上の検査数値が改善しました。

健康補助金制度の開始

定期健康診断以外のがん検診や、扶養家族を含めたインフルエンザ予防接種などを対象に補助金制度を設けています。

インフルエンザ予防接種の様子

健康セミナーの実施

健康に対する理解促進を目的とした各種セミナーを実施しています。テーマは「肥満と睡眠」「眼精疲労」などニーズに合わせて設定し、オンライン開催により作業所や自宅など全国から多くの従業員が参加しています。

オンライン健康セミナーの様子

e-ラーニングの実施

健康リテラシ―向上のため、年1回eラーニングを実施しています。毎月発行している健康だよりの内容を中心に、身近な健康の話題から会社の健康に関する制度についてなどを出題しており、毎年90%近い従業員が受講しています。

トレーニング動画の配信

在宅勤務などにおける運動不足解消のため、当社が支援する7人制ラグビーチーム・サムライセブンに所属する社員選手によるトレーニング動画を配信しました。椅子に座りながら気軽にできるトレーニングをベースとしたメニューで、社内報などを通じて全社展開を行い、多くの反響がありました。

自宅でできるトレーニングを動画で解説

作業所へのカウンセリング

不調を予防するとともに心身の健康を保持し、活力ある組織をつくることを目指し、支店で実施しているカウンセリングと併せて、産業カウンセラーによる作業所巡回カウンセリングを実施し、メンタル面のケアに取り組んでいます。生活状況、勤務状況、心身の健康状態などのチェック項目に基づいてカウンセリングを行い、必要に応じて産業医面談や追加カウンセリングへ誘導しています。

健康アプリを活用したウォーキングイベントの実施

自身の健康状態・活動状況を見える化できるツールとして、健康アプリを導入しています。アプリを通じてウォーキングイベントを開催し歩数上位者へ健康グッズをプレゼントするなど、健康に関心を持つきっかけ・機会を提供しています。

健康アプリ歩数画面