フジタの環境経営

当社は1989年に建設業界で初めて環境専任部署「地球環境室」を設置、建設事業が環境問題と深く関わっていることを認識し、1993年には「フジタ・エコ憲章」を掲げ、環境活動に取り組んできました。安全・品質・環境を統合したマネジメントシステムを導入し、全社一体での運用を行なっています。
当社の環境方針・環境目標は、グループ全体の環境長期ビジョン“Challenge ZERO 2055”と、その実現に向け中期経営計画と連動した環境行動計画「EGP(エンドレス グリーン プログラム)」と整合させ、毎年更新し設定しています。環境目標では、活動の分野ごとに具体的な管理指標と目標値を定め、事業活動において多面的に環境負荷”ゼロ“への取り組みを推進しています。

大和ハウスグループの環境経営