社会 - 協力会社とともに -

フジタの考え方・体制

当社では協力会社にも安全・品質・環境などに関する当社の方針を理解してもらうことがお客さま満足の向上につながると考えています。協力会社を「ものづくりの主役であり、フジタの建設事業の重要なパートナー」と位置づけ、協力会組織として「フジタ全国連合藤興会」を構成しています。事業拡大にともない当社にとって協力会社はさらに重要な存在となっており、これまで以上にパートナーシップを強化し、協力会社会に加盟する企業の事業の安定化やともに成長できる体制づくりを目指しています。

適正な調達の実践

当社は「フジタグループ企業行動基準」「調達規程」「調達業務要領」「大和ハウスグループCSR調達ガイドライン」などに基づき、協力会社との共存共栄を目指した透明性のある調達を実践しています。調達の基本方針としては、施工技術力の基盤である協力会社会との連携のほか、大和ハウスグループの一員としてのメリットを生かし、お客さまからのニーズに応えた高品質な建物を提供する確かなパートナーとして協力会社の選定をしています。

認証木材の調達に関する取り組み

当社は大和ハウスグループが定める「生物多様性ガイドライン【木材調達編】」に基づき、適正な調達を実践しています。違法伐採による木材を使用しないよう「CSR木材調達調査」を毎年行なっています。

労働環境の向上に向けて

職場環境の向上に向けた問題点の顕在化、クリーンな取引り関係を醸成するため、大和ハウスグループ取引き先アンケート調査を年に1回実施しています。
また、大和ハウスグループパートナーズ・ホットラインを導入し、取引き先からの通報制度体制を構築するとともに、フジタ独自の通報窓口「企業倫理ヘルプライン」も設けており、協力会社の社員より個別の相談も寄せられ、労働環境の改善につなげています。
フジタ全国連合藤興会加盟企業と作業所の週休2日の実現に向けた「働き方改革」の推進にも取り組んでおり、労働環境の向上を目指しています。