ガバナンス - コーポレート・ガバナンス -

フジタの考え方・体制

当社のコーポレート・ガバナンスは、経営を迅速かつ公正に行うための社内機構であり、監査機関を設置し第三者視点のチェック機能により透明性の確保および経営の質の向上を目指すものです。

その中核となる内部統制では、職務執行時における管理体制の透明性確保や、業務上のコンプライアンス(法令遵守)、リスク管理体制などを規定しています。当社では従業員全員が「経営判断の原則」を正確に理解し、各々の立場で判断・行動することが大切であると考えています。このコーポレート・ガバナンス体制は、大和ハウスグループのコーポレート・ガバナンスガイドラインに則したもので、同体制の一部を構成するものでもあります。

内部監査について

監査部では、事業所・グループ会社の役職員に対するヒアリング、書類などの確認を実施することにより、法令および規程などに則った業務が遂行されているかの検証・評価を実施しています。

監査の結果、改善すべき指摘事項が発生した際、その点について対応策の提出を求めるとともに主管部門からの指導につなげています。

2021年度コーポレート・ガバナンス体制図

統合マネジメントシステム

営業、設計、工事、調達、技術、研究など、すべての部署の業務はマネジメントの要素でもあり、それぞれ目標達成とリスク回避が必須です。そこで規格認証に沿って、部門ごと、また品質、環境、安全ごとに行われていた運用を改善し、
(1)安全、品質、環境ほか、すべての業務を扱う(マネジメント要素の統合)
(2)本社、支店などを含む全社一体で運用する(組織の統合)
(3)当社の日頃の業務プロセスに規格要求事項を当てはめる(業務の統合)
の3点を実施し、運用しています。

マネジメントシステムの運用・内部監査・マネジメントレビュー

当社のマネジメントシステムは、マニュアルや要領に従い、要求事項や社会的課題からリスクと機会を見極めて目標を設定し、活動と成果を評価の上、継続的に改善しています。

マネジメントシステムと外部認証

現在フジタ全部門一括で、ISO9001(品質)、ISO14001(環境)、ISO45001(安全)規格の認証登録を一般財団法人建材試験センターから受けています。同センターによるフジタのマネジメントシステム統合度は100%の判定で、審査も統合審査方式で行われています。このほか、関係会社2社、海外6拠点でも独自に認証登録しています。