社会 - 安全な職場環境のために -

フジタの考え方・体制

当社は、協力会社の作業員の皆さまおよび当社従業員の健康と安全を確保し、安心して働けるよう、「安全・品質・環境マネジメントシステム」の一環として、「予防」「全員参加」「継続的な知識と意識の向上」を柱とした、労働安全衛生マネジメントシステムを運用しています。運用においては、定めた方針や目標についてのPDCAのサイクルを回し継続的改善を図り、「笑顔あふれる安全な職場」「会社が認める高い品質」「未来につながるやさしい環境」づくりをマネジメントしています。
また、スローガンとして「フジタの安全文化を確立しみんなでつくる危険ゼロ!」を掲げ、業務に潜む健康・安全リスクの重大さや可能性をあらかじめ予測し、その予測結果に基づいて対応策を決定・運用しています。

重点取り組み事項

  1. 「三現主義」により作業所の安全衛生環境を確保
  2. 「凡事徹底」による不安全行動の災害・事故の防止
  3. 有害な作業環境への適切な予防対策の実施
  • ※三現主義とは、現地で現物を見て、現状を確認すること