株式会社フジタ 新卒採用

中途採用新卒採用
新卒採用
中途採用

PERSON 人を知る MEMBERS STORY

全社的なシステムを新たに導入し、
フジタを支える

情報システム野田口 真理

私の仕事

社内の情報機器の管理や、新システムの開発・導入など、情報システム部の仕事は多岐にわたります。全社員が日々の業務を滞りなく行うために必要なアプリケーションやシステムを、社内に取り入れ円滑に運用していく、まさに縁の下の力持ちといえる存在です。その中で現在私が担当しているのは、会計システムと経費精算システムの開発・運用です。入金処理時に必要なプログラムを作成して実際に動かしてみたり、ユーザーの声を取り入れてシステム仕様の検討を行ったりと、社内のインフラをつくりながら、最先端のデジタル技術にも触れることができる仕事といえます。建設業界特有の会計知識や、システム全般への幅広い知識が求められますが、身構える必要はありません。私も入社したての頃は会計やシステムの見識が浅く、不安を覚えることもありましたが、上司や先輩に一から教えてもらうことで、着実に業務上必要な知識や技術を身に付けることができました。またプロジェクトや部署が異なる方も積極的に声をかけてくれるなど、会社全体で若手を丁寧に育てる文化があり、非常に働きやすい環境です。

仕事の醍醐味

情報システム部にとってのお客様とは、国内外のフジタ全社員になります。全国の作業所の方が利用するシステムを統括するため、案件や問い合わせの数も膨大です。相手の要望や意見を咀嚼し、システムに落とし込むことは容易ではありませんが、私の対応に対して感謝の言葉をもらったときの喜びはひとしお。会社全体に貢献できている実感も持てます。また、ゼロベースから構築したシステムがひとつのカタチとなり、実際に動くようになると、大きな達成感も湧き上がってきます。何もない更地に、ゼロから建物をつくる、そんな建設工事の仕事にも近いかもしれません。建設の現場に赴く機会は多くないものの、システム面から会社の円滑な運営をサポートできるのは、この仕事の醍醐味です。まだまだ半人前の身ですが、上司から「最近は色々な仕事を任せられるよ」と言ってもらえたときは、自分の成長を実感しました。将来的には「このシステムのことは、野田口に聞けば解決する」と言ってもらえるような、周囲から信頼される人材になりたいと思っています。

Q & A

Q入社の理由

A
もともと建設工事に興味があり、建設業界の説明会を受けていく中で、若手のうちからやりたい仕事に取り組めるフジタの体制に惹かれ、志望しました。配属先も本人の希望を最大限に考慮してくれることが多いです。

Qフジタの魅力

A
困っている社員がいたら年次に関係なく声をかけるなど、縦のつながりも横のつながりも大切にする社風があります。積極的にコミュニケーションを取り、社員一人ひとりが互いを尊重し合いながら仕事ができる環境です。

Qフジタはどんな会社?

A
新システムの導入をボトムアップで行うなど、社員のために新しいものをどんどん取り入れていこうとする会社です。また若手社員を丁寧に指導してくれるなど、後輩の育成にも力を入れています。

Qこの仕事をしていてよかったと感じた思い出

A
それまで私が頼りきっていた先輩社員に、ある時システム関連のことで仕事を依頼されました。その対応後に「ありがとう」と言ってもらえたことはもちろん、何より頼りにしてもらえたことが嬉しかったです。

Q応募者へのメッセージ

A
フジタにも他社にも、それぞれ違った魅力があります。悩み、考え、行動し、その先にある自分なりの答えを見つけられるよう、全力で就職活動に臨んでください。フジタの社員としてお会いできることを楽しみにしています。

PROFILE

野田口 真理

所属部署:経営改革統括部 情報システム部
2017年入社/国際関係学部 国際関係学科卒

休日は自宅で映画鑑賞(最近は主にアニメーション)をしたり、同期や友人と食事に出かけたりしています。時間に余裕があるときは編み物や盆栽に挑戦することも。我を忘れて趣味に没頭してしまう日も多いですね(笑)。

ある一日の仕事

08:15
出社、メールチェック
08:30
始業、打ち合わせ用の資料作成
11:00
外部の協力会社と打ち合わせ
13:00
会計チームとの定例会議
15:00
システムの開発、各所からの問い合わせ対応
19:30
帰宅
このページの先頭へ