株式会社フジタ 新卒採用サイト

CONTENTS

PERSON 人を知る MEMBERS STORY

計画から竣工後まで
建物の“誕生”に深くかかわる仕事

建築エンジニアリング水野 恵美

私の仕事

私が所属する建築技術部は、工事計画の立案から技術提案や周辺環境への対策、工事の安全な遂行、さらに工期の厳守に関する作業所の技術支援まで、多岐にわたる仕事を行っています。同時に、新しい建築技術の情報を常に収集・導入し、自社の技術力を高めることも重要なミッションの1つです。そうした業務のなかで現在私が従事しているのは、受注支援と技術支援という2つの仕事です。受注支援では、計画地の規模や周辺状況などに応じて、合理的で安全な工事計画を立てることが求められます。ここでまず行うのは、これまでフジタが手がけた数多くの施工事例の中から類似したものを探し出すこと。過去の実績を参考にして、計画を立てます。一方、作業所の技術支援で必要となってくるのは、幅広い知識と経験、そして即時の判断力です。自分に足りない部分は経験豊富な先輩方の助けを得ながら仕事を進めています。このほかに、質の良い建物をつくるための施工方法の検討から現場の確認・指導なども行います。

仕事の醍醐味

やはり何と言っても、工事計画の立案から施工中の技術的支援に至るまで、1つの建物の誕生に携われる点が建築技術部の仕事の最大の魅力だと思います。スムーズに仕事を進めるためには、建築全般の技術的な知識が必要となるだけでなく、社内外の担当との密なコミュニケーションも求められるため苦労も少なくありません。しかし、自らの提案によって受注できたときや支援した作業所が竣工したときの達成感は何物にも変え難く、大きなやりがいを感じることができます。また、自らの知見を広めるために自分の担当ではない作業所であっても見に行くことができるという点も、建築技術部ならではの特権のようなものと言えるのではないでしょうか。私自身、珍しい建築技法が用いられた鉄骨の屋根を見学するために、とある大学の現場へ先輩に連れて行ってもらった経験があります。自分が担当する現場だけを見ているのではなかなか知り得ない、さまざまな工事について幅広く知ることができるのは建築技術部の魅力です。

Q & A

Q入社の理由

A
小さい頃からものづくりに関心があり、多くの人が使用する建物に携わるゼネコンで働きたいと思っていました。その中でも特にダイバーシティに力を入れているフジタなら、女性でも長く勤められそうだなと感じたことが理由です。

Qフジタの魅力

A
若手でも仕事を任せてもらえる機会が多く、自分で考える力がつくところです。いざという時は上司や先輩がしっかりフォローしてくれるので、安心していろいろな仕事に挑戦できる点も魅力の1つです。

Qフジタはどんな会社?

A
社員を大事にする会社だと思います。また、社内行事が充実していることも特徴。業務以外の場で社員同士が関係を築けることが、仕事でのコミュニケーションの取りやすさにも繋がっています。

Qこの仕事をしていてよかったと感じた思い出

A
何かと苦労の多かった病院が竣工した後のこと。その病院の利用者の方から「こんな立派な病院で治療を受けられるなんて嬉しい」というお言葉をいただいた時、この仕事に携われたことに誇りを感じました。

Q応募者へのメッセージ

A
受注から工事、アフターフォローまで幅広く関わる建築技術部。フジタのように、入社前から将来建築技術部への配属が約束される会社は少ないと思うので、興味のある方はぜひ応募してください。

PROFILE

水野 恵美

所属部署:東日本支社 建設統括部 建築技術部
2013年入社/デザイン工学部建築学科卒

若いうちに海外で学ばせたいという両親の教育方針で、韓国に留学した中学・高校時代。当時も今も韓国家庭料理が好きです。休日は夫や友人と出かけたり、来年予定している出産に向けて、新しい家族を迎える準備を進めています。

ある一日の仕事

08:00
出社後メールチェック。関係各所へレスポンス
08:30
朝礼 始業
09:00
会議資料の作成等デスクワーク
11:00
部内での会議へ参加
12:00
手作りのお弁当を食べる
13:00
担当する作業所へ移動
15:00
作業所での会議へ参加
18:00
会議終了後、作業所長たちと食事に
このページの先頭へ