株式会社フジタ 採用サイト

中途採用新卒採用
新卒採用
中途採用

PERSON中途社員紹介

やる気と熱意次第で
大きなプロジェクトを任せてもらえる

現在の仕事

建築現場における建築施工管理者として、工程・安全・品質・原価の管理を行っています。現場監督と言い替えることができるこの仕事で特に大切なことは、現場に集まるさまざまな分野のプロフェッショナルに、最高のパフォーマンスを発揮してもらうこと。そのための環境づくりに、あの手この手を尽くしながら取り組んでおり、チームとしての連帯感を高め、牽引していけるよう努めています。その一方で、安全や品質を担保していくためには、口うるさいくらいに作業員と接してくことも必要だと感じており、日頃から意識して臨んでいます。

現在は、大規模な物流倉庫における外装工事の施工管理チーフとして、協力会社や職人と力を合わせながら、日々現場に立っています。トラブル対応やさまざまな調整業務など、大変なことも多いですが、ただの図面が、多くの人の手によって実際に形になっていく様は圧巻で、完成したときの達成感はとても大きなものとなります。

前職と比べたフジタの魅力

フジタ以外の現場を詳しく知っている訳ではないのですが、私くらいの年齢から大規模な現場のチーフを任せてもらえることは、珍しいと思います。年次に関係なく責任感のある大きな仕事に取り組みたいと願う、やる気に満ちあふれた人にとっては、成長機会に富んだ環境だと言えるでしょう。また、人の縦横のつながりの深さを感じることが多く、特に上の世代の人たちが気さくで、場の空気を心地よいものにしてくれていると感じることが多いです。そのためか、プロジェクトが終わり、メンバーとの別れのタイミングがくると、毎度、達成感と寂しさが同居した複雑な気持ちになってしまいます。

そして、最も魅力的に感じるのは、強力なリーダーシップで現場を牽引する所長、部下や若手のサポートに徹する所長、現場にポジティブでよいムードをもたらす所長など、さまざまな個性を持った所長の存在が、自分の仕事人生を豊かにしてくれているように感じられるところです。

Q&A

転職活動の際、会社選びで重視したポイント

フジタの現場所長にお口添えいただいたため、いわゆる転職活動は行っていませんが、大小問わず色々な種類の現場で仕事ができるフジタに、新たなキャリアを切り開ける可能性とステップアップできる期待感を感じました。

フジタに転職を決めた理由

現場採用の職員であったにもかかわらず、当時の部長や所長には本当によく面倒をみていただきました。この出会いがなかったら、別の道に進んでいたと思います。そこで感じた【恩】が転職理由の一つになっています。

実際に働いてみて苦労した点を教えてください

現場において、マニュアル化・システム化が進んでいない作業があり、現場によって正否が異なり判断に苦慮することがあります。経験則に基づきつつも、属人的でない均一化した行動指針の整備が必要だと感じます。

フジタで実現したいこと、挑戦したいことを教えてください

建物の一部分ではなく、全体を統括した施工管理に挑戦してみたいです。また、いつか所長として、会社・現場・顧客・世間の四方良しの案件を手掛け、「俺がつくった」と胸を張れるようになりたいと思っています。

メッセージ

福利厚生制度がしっかりしている点がフジタの魅力の一つです。例えば賃貸に住んでいる社員に対する住宅手当はそこまで珍しくはないと思いますが、持ち家の社員にも金銭的な補助があるあたりに、「長く働けるように」という社員への想いを感じます。仕事では、大変なことも多いですが、その分やりがいや良いことも、フジタにはしっかりあります。

プロフィール

傳法 龍太

所属部署:東京支店 建築工事部
2008年中途入社/建築学科卒

小学生と幼稚園児の子どもがおり、休日は家族とともにゆっくりと過ごすことが多いです。また、土地探しからの注文住宅で昨年一戸建てを購入したのですが、工期が仕事の繁忙期と被ってしまい、公私ともに四六時中建築漬けという、嬉しい悲鳴にも似たな経験をしました。

キャリア

2006年

新卒入社した会社で、技術補助員を勤める

建築現場に派遣される技術補助員(施工管理)として働く。マンションや大学キャンパスの新築工事などに携わる中、打合せ資料の作成や、工事の段取り、資材の手配、図面のチェックや請求書の査定などを行う。

2008年

現場所長にお口添えいただきフジタへ転職

フジタの現場でお世話になっていた現場所長に「うちで働いてみないか?」と、お誘いをいただき転職を決意。社員登用試験などでお口添えをいただき、フジタの社員になる。当時の現場所長には感謝しかない。

2011年

大規模物流倉庫で施工管理

延べ面積が約120,000㎡という大規模な物流倉庫の現場にはじめて携わる。物流倉庫ならではの特殊施工や大人数の施工管理に苦労したが、同時に大きなやりがいも感じた。以降、4件の物流倉庫案件に携わる。

このページの先頭へ