ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

フジタのVE活動

(1)VE活動の履歴

フジタは、1968年に経営戦略の一環として建設業界で初めてVEを導入して以来、日本VE協会と連携しながらこれまで50年以上に渡って全社的にVE活動を展開しています。
その経緯につきましては、添付の『フジタ建設VE50年の履歴年表』をご参照ください。

(2)VE活動の特徴

フジタのVE活動はトップダウンと全社員VEマンが特徴です

フジタのVE活動の特徴は、トップダウンによる全社員VEマン活動です。
主体となるのは施工部門と設計部門ですが、営業や管理部門においてもVE活動を実施しています。
全社員が業務の中にVE思考を取り入れることで、日常的にコミュニケーションが行われ、見直しや改善のサイクルが繰り返されます。
フジタは全社員VEマンを継承し、これからもお客様の満足する製品やサービスの提供と社会貢献に努めてまいります。
具体的な活動内容につきましては、添付の『フジタの建設VE』、または次項の「フジタのVE事例」をご参照ください。

フジタの全体VE活動フロー(VE管理システム)概要図
フジタの全体VE活動フロー(VE管理システム)概要図

(3)社外向けVE活動・支援

海外でのVE講習風景(中国・深セン)
海外でのVE講習風景(中国・深セン)

フジタが社外に向けてご提供するVE活動・支援は次の通りです。

  1. ⅰ)お客様にご提供する設計、見積り、施工に関するVE提案。ただし、フジタが直接関わる物件に限ります。
  2. ⅱ)特定の目的と期限を有するプロジェクト型共同VEの一員としての活動。守秘義務契約が前提となります。
  3. ⅲ)グループ会社や協力会社を対象とするVEに関する相談、講話、ワークショップ指導など。
  4. ⅳ)学生や一般者を対象とする講義、講演、ワークショップ支援など。ただし、利害関係を伴わない場合に限ります。
  5. ⅴ)日本VE協会を通じて依頼を受けた、VEに関するアドバイス、講演、ワークショップ支援など。

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります