ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

鉄骨造生産施設のトラス梁の耐震補強工法「WTクランプ工法」

課題:
資産の有効活用を図りたいリニューアル・耐震補強をしたい
施設用途:
生産施設
技術:
建築技術耐震補強

技術概要

 WTクランプ工法は、従来工法で多用される溶接を拘束金物(WTクランプ)に置き換えることにより、溶接量を低減した鉄骨トラス梁補強工法です。
 トラス梁を構成する弦材、斜材、束材が山形鋼二丁掛けのものを対象としています。補強山形鋼を追加し、材中間部をWTクランプによる拘束、材端部をすみ肉溶接接合します。

特徴

① 溶接火花による火災リスクを低減します。
② 溶接以外の作業は工場稼動時に可能なので、工期を短縮することができます。

実績

工場 1件

wt_clamp.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム