ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

トンネル浅層反射法探査「SSRT」

課題:
安全・安心な施設にしたい地球環境に配慮した事業を推進したい
施設用途:
都市・交通インフラ
技術:
土木技術トンネル

技術概要

トンネル浅層反射法探査は、トンネル坑内あるいは坑外において弾性波反射法を実施し、トンネル切羽前方地質を予測する技術であり、震源に発破を用いなくても測定可能なため、機械掘削トンネルにおいても適用可能です。
 
原 理
弾性波反射法によるトンネル切羽前方探査とは、トンネル坑内の切羽後方において発震し弾性波を発生させて、切羽前方の破砕帯や地質変化面で反射波を受振し、前方を探査する技術です。測定方法は、トンネル縦断方向に数メートル間隔に受振器を数十箇所設置し、震源として油圧インパクタ、バイブレータ、発破を現場状況や探査目的に合わせて選択します。通常、探査深度は、油圧インパクタで100m~150m程度、バイブレータと発破で300m程度以上です。

特徴

① 震源として油圧インパクタ、バイブレータ、発破が選択可能であり、発破使用が制限される区域での探査が可能です。② 硬質な岩盤はもとより、軟弱地盤や坑口部、低土被り区間での探査が可能です。③ 切羽後方の探査も可能なため、掘削実績と対比することで、切羽前方をより精度よく評価することが可能です。④ 地山状況に応じた解析方法を用いることにより、多角的に地盤の評価が可能です。

ssrt.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム