ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

高層RC造住宅の設計施工技術「FHRC工法」「FHRPC工法」

課題:
安全・安心な施設にしたい早く・安く事業を始めたい
施設用途:
集合住宅
技術:
建築技術工業化工法

技術概要

 高強度材料(コンクリート、鉄筋)を用い、高品質・高精度で高い耐久性を持つ、(財)日本建築センターの技術審査取得済みの設計・施工システムです。
 地震や強風による揺れが小さく、断熱・遮音に優れた鉄筋コンクリート構造により、60階200mクラスまでの建物を実現します。
 梁・柱のコンクリートを現場で打設する「FHRC工法」や、プレキャスト部材を現場で組立てる「FHRPC工法」などにより、品質向上や工期短縮を図っています。

特徴

① 制振や免震部材を組み合わせることにより、柱の少ない大空間とすることも可能です。
② 鉄骨鉄筋コンクリート造に比べ、低コストです。
③ 柱の八角形フープの採用や部分ごとに最適な強度のコンクリートを使い分けることにより、施工性・耐久性・
  品質確保・耐震性能に優れています。
④ 最適な工区分けを計画した"トルネード工法"により躯体工事や内装工事を基準化し、工期短縮が図れます。

実績

集合住宅が主体(下層部に事務所、商業施設などの用途)
施工実績37件(耐震19件、免震17件、制振1件)

fhrc.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム