ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

トンネル拡幅工法

課題:
資産の有効活用を図りたいリニューアル・耐震補強をしたい
施設用途:
都市・交通インフラ
技術:
土木技術

技術概要

交通事情の過密化に伴い、地方の単線鉄道トンネルや一車線の道路トンネルではトンネルを拡幅する必要性が生じています。しかし、従来は既設トンネルを封鎖して通行を遮断した状態で拡幅工事に着手しており、他の交通機関や他の迂回路を使用する必要があり、極めて不便なものとなっていました。
本技術は、通行を遮断することなく、これまで同様の生活を確保した状態でトンネルの拡幅工事を実施できる技術を提案するものです。

特徴

  • ・有限要素法解析によるシミュレーションにより施工順序を選定します。
  • ・一般的な施工順序は、①防護工の設置②上半掘削工③上半覆工コンクリート工④下半掘削および側壁コンクリート工⑤防護工の撤去 となります。
  • ・施工時は列車および車両の安全確保するため、防護工の挙動を計測・監視します。

実績

箱根登山鉄道 「塔の峰トンネル拡幅工事」

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム