ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

リアルタイム温度応力解析システム『マスコンウォッチャー』

課題:
課題から探す
施設用途:
施設用途から探す防災都市・交通インフラ農業土木
技術:
技術から探す土木技術品質管理

技術概要

打ち込まれたコンクリートの発熱状況やひび割れ発生確率をリアルタイムで解析し、最適な養生を行うことでひび割れの発生を抑制、高品質なコンクリート構造物を構築できるシステムです。

現場に設置した無線式温湿度計のデータを逐次リアルタイムでパソコンに取り込み、打ち込まれたコンクリートの現状の温度分布やひび割れ発生確率を数値解析によりリアルタイムで把握し、その解析結果に基づいてコンクリートの養生方法の改善を迅速に行い、ひび割れ発生を低減させることができます。

システム
①打ち込まれたコンクリートの周辺に無線式の温湿度計を設置、コンクリートの養生環境を計測
②計測結果を現場事務所等のパソコンに逐次取り込み
③この温湿度データをコンクリートの養生条件として3次元FEM法による温度応力解析を30分から1時間間隔で行う。
④現場に打ち込まれたコンクートの温度分布やひび割れ指数をリアルタイムで把握
⑤解析結果に基づき、外部養生装置(散水、温湿度制御、パイプクーリング、ヒーター等)を制御

特徴

コンクリートの温度分布をリアルタイムで把握、更にひび割れ発生リスクを評価し、養生などの対策に反映できる。
従来の施工管理方法よりも迅速な対応と定量的な制御が可能となり、温度ひび割れの発生リスクを大幅に低減し高品質なコンクリート構造物を構築することができる。

実績

国土交通省関東地方整備局 圏央道桶川地区閑渠その2工事

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム