ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

地下水浄化シミュレーション

技術:
環境技術土壌・地下水環境修復

技術概要

「汚染土壌対策法」の制定やその改正あるいは「油汚染対策ガイドライン」の公表後、土壌や地下水の汚染物質への対応が重要になっております。特に高濃度の汚染は対策が難しく、放置しておくと将来的なブラウンフィールド化だけでなく、汚染地下水の拡散によって、2次汚染の可能性が危惧されます。
 本技術は、汚染物質の拡散状況の予測や、原位置浄化対策の効果を事前に評価するものです。

特徴

当社開発のプログラムによるため
① 地盤の透水性や拡散物質の特性をきめ細かに入力・反映することができる。
② 吸着性・脱着性のような地盤と汚染物質の相互作用特性も容易に組み込むことができる。
③ 静止画コンターだけでなくアニメーションなど、顧客の要請に応えられるアウトプットを提供できる。

実績

自動車メーカー・機械メーカー・電池メーカーさらに印刷会社など各方面の稼働中工場や休作業工場
セメント系改良材による地盤改良の周辺影響評価

underwater.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム