ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

基礎の耐震補強工法「高耐力マイクロパイル工法」

課題:
安全・安心な施設にしたいリニューアル・耐震補強をしたい早く・安く事業を始めたい
施設用途:
都市・交通インフラライフライン更新・改築
技術:
土木技術土木リニューアル橋梁・高架橋

技術概要

マイクロパイルとは, 300mm以下の小口径の場所打ち杭・埋込み杭の総称です。高耐力マイクロパイルは,マイクロパイルの技術にグラウンドアンカー工法で用いられている削孔技術やグラウトの加圧注入技術を取り入れ,さらに高強度の鋼管・異形棒鋼を用いることにより,高耐力・高支持力の杭を形成するもです。杭の耐震補強としても有効な手段となります。

特徴

① 従来のマイクロパイルに比べて、著しく耐力が向上し、直径178mmの高強度鋼管を使用した標準タイプでは、圧縮耐力が1000kN以上確保できます。また、圧縮(押込力)だけでなく、引張(引抜)に対しても高い抵抗力を有します。
② ボーリングマシンで施工するため、空頭制限のあるところや、狭隘地での施工に適し、騒音・振動が少なく、環境への影響も少ない。
③ 施工機械(ボ-リングマシン)が軽量であり、機械の運搬が困難な山岳地等の施工箇所においても適用できます。
軟弱地盤から砂礫地盤岩盤まであらゆる地盤での施工が可能であり、ケ-シング削孔のため、地中障害物や転石の多い地盤でも施工できます。
⑤ 杭径が小さいため、掘削に伴う排土が少なくなる。また、地中障害物や既設構造物に対して影響が小さい。
⑥ 任意の角度で斜杭の施工が可能であり、大きな水平力にも抵抗できます。

hmp1.jpg
hmp2.jpg
hmp3.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム