ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

浚渫土(底泥)を利用したヨシ群落再生工法

課題:
地球環境に配慮した事業を推進したい
施設用途:
防災土地造成農業土木
技術:
環境技術水環境再生

技術概要

浚渫土(底泥)と土質改良材(FTマッドキラー)を専用機械により攪拌混合した改良土をヨシの植生基盤材に使用します。FTマッドキラーは、製紙工場から副生するペーパースラッジ灰を基材とした多孔質吸水土質改良材です。この工法には、次の特徴があります。

特徴

① 浚渫土等に含まれる栄養塩(窒素・リン)の植物利用や適度な地盤強度の確保により、ヨシ群落の再生が促進されます。
② 土質改良材の添加や締め固め効果等により、水域への栄養塩溶出が抑制されます。
③ 化学的に安定した材料のため、中性域に改良でき、植生や水生動物にやさしい。
④ 高含水比の浚渫土を瞬時に改良でき、所定の強度に締め固めることができます。施工性が高く、施工後の圧密沈下等による地形の変化が少ない。

実績

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム