ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

構造物無人化施工システム「テレエレクションシステム」

課題:
災害復旧
施設用途:
防災
技術:
土木技術無人化・機械化・ICT

技術概要

テレエレクションシステムは、人の立ち入ることのできない危険地域において、遠隔操作室から遠隔操作により、自立式型枠ブロックを本体兼用の型枠として積み上げ、背面にコンクリートを打設することにより、砂防ダムなどのコンクリート構造物を築造するシステムです。

特徴

① 施工場所から約2km離れたコントロールルームにて超遠隔操作が可能です。
② ある程度の規模以上になると、工期短縮・コスト縮減が可能です。
③ 標準ブロック形状は、高さ1m、幅1m、奥行き0.9mで、重量は2.06tf/個です。
④ ブロック形状は、用途に応じて形状変更が可能です。

tele_ele.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム