ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

高強度コンクリート

課題:
安全・安心な施設にしたい快適・豊かな空間を造りたい
施設用途:
商業施設集合住宅
技術:
建築技術コンクリート

技術概要

近年の建物物の高層化・大型化に伴い、増加する自重を充分に支えることが出来るよう、躯体コンクリートの高強度化が求められています。
そこで、高層・大型建築物用のコンクリートとして開発したものが、高強度コンクリートです。
高強度コンクリートとは、特殊なセメント・骨材・混和剤を用いて造られる、高い圧縮強度を持ったコンクリートです。通常、高強度コンクリートは設計用基準強度(Fc)36N/mm2を超えるものを指します。特に、60N/mm2を超えるコンクリートを超高強度コンクリートと呼んでいます。近年では、建設可能なコンクリートの強度は増加傾向にあり、100N/mm2を超えるような超高強度コンクリートもあります。
当社では、高強度コンクリートについて、国土交通大臣認定やプレハブ建築協会のH認定を取得済みで、高層・大型建築物に適用することができます。国土交通大臣認定では130N/mm2まで、プレハブ建築協会では、120N/mm2までの認定を取得しております。

特徴

① 高強度コンクリートを使用することで、大型および高層建物の建設が可能となります。
① 耐震性の良い建物を提供することが出来ます。
② 柱を高強度化することで、断面を小さくすることやスパン長を拡大することが出来るため、快適・豊かな空間確保
  が可能です。
③ 国土交通大臣認定やプレハブ建築協会のH認定を取得しており、確かな品質のコンクリートをお客様に提供致し
  ます。
④ PCa部材との併用により、工期短縮が可能です。

kk_1.jpg
kk_2.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム