ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

フォーミング・ブレード土砂型枠工法

課題:
早く・安く事業を始めたい
施設用途:
防災
技術:
土木技術無人化・機械化・ICT

技術概要

災害復旧工事において、砂防堰堤工や床固工のコンクリート構造物構築工事として採用されるRCC工法を無人化施工で行うための、土砂型枠設置の施工効率向上を目的として、ハード的なアプローチのフォーミング・ブレード工法を開発しました。
本工法は、油圧ショベルに取り付けた型枠用ブレードの位置、方位を2台のGPSで、ブレードの傾きを傾斜計で測定し、これらの情報を遠隔操作室のモニターに表示して、ブレードを土砂型枠の設計位置に誘導し設置するものです。ブレードの幅8m分を一度に施工することができる工法です。

fb.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム