ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

低放射化コンクリート

課題:
安全・安心な施設にしたい地球環境に配慮した事業を推進したい
施設用途:
医療・福祉エネルギー
技術:
建築技術コンクリート

技術概要

加速器を用いた治療技術や放射性医薬品製造技術の普及に対応するため、これらの施設での放射線シールドに利用できる低放射化コンクリート工法を実用化しています。
 放射線に対する高い遮蔽性を有するとともに、普通コンクリートと比べて1/10~1/10000の放射化度のコンクリートです。そのため、放射線に曝される施設の利用後の解体時にコンクリート系の放射性廃棄物をゼロにできます。

特徴

① 放射線シールドに利用できる低放射化コンクリート工法
② 普通コンクリートと比べて1/10~1/10000の放射化度
③ コンクリート系の放射性廃棄物をゼロにできる

実績

① PET施設・医療用加速器施設への適用
  NMP社(2004)、中電病院(2005)、日立製作所(2005)、JA長野PET画像診断センター(2006)
② 原子力燃料輸送船への適用  六栄丸(1995)、開栄丸(2005)
③ 研究用大型加速器施設への適用
  J-PARC MLF BL14(2008)、J-PARC MLF BL7、8(2010)、日本原子力研究所高崎研究所(1993)、
  日本原子力研究所NUCEF反射体(2000)、J-PARK 主リング(2002)

pet.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム