ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

プレキャストコンクリート工法

課題:
早く・安く事業を始めたい品質を向上させたい
施設用途:
防災エネルギー農業土木
技術:
土木技術品質管理ダム

技術概要

プレキャストコンクリート工法は、あらかじめ工場又は製作ヤードで取り扱いが容易な大きさ、重さに分割して製作したプレキャストコンクリート型枠部材を現地に搬入し、設置する工法です。本工法は、特別な機械・技術を必要とせず、工期的な問題や省力化また安全性に対して有利な工法です。
 

特徴

① 現場での型枠・支保工等の組立作業が少なく、プレキャスト部材を現場で据え付け設置するため工期が短縮されます。
② 現場での鉄筋組立作業、型枠・支保工の設置解体作業が少なくなり、危険作業が減少します。
③ 鉄筋組立作業、型枠・支保工等の工種が少なく、技能工でなく普通作業員による施工が可能となり省力化が図れます。
④ 工場製作のため品質の安定が図れ、耐久性、美観および施工の信頼性が向上します。

precast.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム