ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

ロックフィルダムのフィルター材敷き均し自動走行システム

課題:
早く・安く事業を始めたい品質を向上させたい
施設用途:
防災エネルギー農業土木
技術:
土木技術ダム無人化・機械化・ICT

技術概要

敷き均し自動走行システムは、無人化でロックフィルダムのフィルター材の敷き均し作業を進めるシステムです。
本システムは、敷きならし機と双方向自動追尾光通信装置から構成されます。敷き均し作業は、ダムサイトの固定局と敷きならし機に搭載した移動局が交信し、敷き均し範囲を重複することなく自動に移動して、作業を進めるシステムです。

特徴

① フィルター材のロスを大幅に削減できます。
② 測量作業の大幅な省力化が図れます。
③ 運転は自動走行だけでなくラジコン操作も可能なため安全性、操作性が良い。
④ 設計図面より算出した座標値をパソコン入力するだけで敷きならし機の走行ラインの設定ができます。

sikinara_1.jpg


sikinara_2.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム