ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

PCaPC工法

課題:
安全・安心な施設にしたい快適・豊かな空間を造りたい
施設用途:
建築全般物流施設集合住宅
技術:
建築技術工業化工法

技術概要

コンクリートの柱・梁部材を工場でプレキャスト化し、現場で建方した後PC鋼棒やPC鋼線を用いて締め付け、柱・梁の一体化を図る工法です。現場でコンクリートを打つ従来の工法に比べて、高い品質と高い施工性をもち、建物自体の強度も優れています。鉄筋コンクリート構造では不可能な10m以上のロングスパンが可能で、アウトフレーム、柱型の排除、ハイサッシ等必要に応じた間取りを自由に設計することが可能です。

特徴

  • ①品質管理された工場生産部材のため高品質です。
  • ②高強度コンクリートを用いるため高寿命化します。
  • ③部材断面に常時圧縮力を与えているので、架構の耐久性は飛躍的に向上します。

実績

ビナ・マークス海老名

  • 施工:鹿島建設・大和小田急建設JV施工
  • 所在地:神奈川県海老名市
  • 用途:共同住宅
  • 規模:東棟 地上23階、地下1階
       西棟 地上22階、地下1階
  • 高さ:76.70m
  • 延床面積:東棟 15173.77m2
         西棟 20948.69m2
  • 住戸数:313戸
  • 日照:全戸南向き
  • 構造計画:PCaPC工法+免震構造(高層棟のみ免震、低層棟免震)
  • 免震装置:鉛プラグ入り積層ゴム(一部滑り支承)

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム