ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

FTマッドキラー工法による浚渫土砂の再利用

課題:
地球環境に配慮した事業を推進したい
施設用途:
防災都市・交通インフラライフライン農業土木
技術:
土木技術河川・港湾特殊材料環境

技術概要

FTマッドキラーは、製紙の製造過程で副生するペーパースラッジ(PS)灰を基材として製造したセラミック土質改良材で、高吸水性に大きな特徴があります。
FTマッドキラーを含水の高い対象土に添加・攪拌混合すると"瞬時"に改良されます。改良土は一般的に中性域のため動植物の生育環境にやさしく、従来の固化材による改良土では適用が難しい、例えば水辺の盛土や田畑の嵩上げ等へも利用が可能です。また、FTマッドキラー工法の専用攪拌・混合装置を使用することにより、粉塵の発生抑制、多量の均一な改良が可能となります。

FTマッドキラーの適用範囲は、沿岸域(港湾・漁港ほか)・河川・湖沼・ダム・ため池等の浚渫土砂の改良・有効利用のほかにも、泥土圧シールドの排泥処理、杭の排泥処理、浅層混合処理、道路等の路床改良、産業廃棄物・混合木材等の分別処理など、多岐におよびます。
適用実績には、諏訪湖(長野県)浚渫土砂の改良ほか、多数の工事実績があります。

ftmad-suwa.jpg
諏訪湖浚渫土砂の改良工事 施工状況


ftmad-suwa-after.JPG
諏訪湖浚渫改良土による護岸埋め立て完了

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム