ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

ESCO(Energy Service Company)事業

課題:
地球環境に配慮した事業を推進したい
施設用途:
建築全般
技術:
建築技術省エネ・省CO₂

技術概要

省エネルギーにつながる設備機器の更新(省エネルギー改修)をお客様にかわり、建築設備の専門家があらゆる省エネルギー技術やノウハウを駆使し、省エネルギーを推進させていただきます。
省エネルギー改修に必要な投資金額の返済やESCO事業経費は省エネルギーによる光熱費の削減費用から賄われるので、お客様には改修の初期投資金額を削減しながら、省エネルギー改修をすることができます。
省エネルギー改修に必要な初期投資資金の用意の仕方によって、節約分与型契約(ESCO事業者が資金を用意する場合)と節約保証型契約(お客様にご用意して頂く場合)のふたつの契約方式があります。また、エネルギー使用合理化事業者支援事業等の国や自治体による各種補助金が活用できます。

特徴

① 省エネルギー改修のための初期投資を削減することができます。
② 最新の省エネルギー機器に更新されるので、ランニングコストを低減することができます。
③ 省CO2、節電対策を推進します。

esco.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム