ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

DUAL CORE BRACE

課題:
安全・安心な施設にしたいリニューアル・耐震補強をしたい
施設用途:
建築全般
技術:
耐震技術制振技術

技術概要

 DUAL CORE BRACEは、地震力に抵抗する芯材の平鋼を座屈拘束材の角形鋼管とアンボンド材でサンドイッチ状に挟み込み、地震時に圧縮力がかかっても座屈せず、優れた耐震・制振性能を発揮できるブレースです。圧縮時にも引張時と同等の耐力と変形性能を発揮させることができます。

 (備考) 
  ・2013年に一般財団法人日本建築総合試験所において建築技術性能証明を取得しています。
  ・フジタと大和ハウス工業のシナジー開発です。

特徴

①芯材(平鋼)を拘束材(角形鋼管)とアンボンド材(絶縁材)でサンドイッチ状に挟み込んだ構成です。
②芯材に設けた幅を調整できるスリット(長孔)によって耐力を任意に設定できます。
③耐震部材および制振部材として使用します。
④端部の形状はH形と十字形の2種類が選択できます。

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム