ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

コンクリート充填鋼管(CFT)柱の耐火被覆低減工法

課題:
安全・安心な施設にしたい快適・豊かな空間を造りたい
施設用途:
建築全般
技術:
建築技術防耐火

技術概要

CFT造柱は、鋼管状の鉄骨柱の中にコンクリートを充填した構造で、優れた耐震性能と大きい剛性を有しています。また、熱に弱い鉄骨と比較して、鋼管柱内に充填されるコンクリートの熱容量が大きいことで、鋼管の温度上昇を抑えるため、優れた耐火性能を有していると言われています。
 しかし、CFT造柱は建築基準法の中では鉄骨造の一部とみなされ、3時間耐火で65mm、2時間耐火で45mm、1時間耐火で25mmの耐火被覆厚を要求されています。
 本工法は、耐火被覆の厚さを従来の半分以下(3時間耐火で30mm、2時間耐火で20mm、1時間耐火で10mm)にすることが可能になります。

特徴

① 耐火被覆工事に係る、資材・工期を半分以下にすることが可能となります。
② 耐火被覆厚さが薄くなることで、オフィスビルやショッピングセンター等での有効面積を広げることができます。
③ 国土交通省の大臣認定を取得しています。

実績

イオンモールむさし村山ミュー

cft_taika.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム