ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

2020年 設計作品技術発表会を開催

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:奥村洋治)は、5月27日に2020年設計作品技術発表会を開催しました。本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ウェブ会議システムを活用し実施しました。

1.概 要
  日   時:2020年5月27日(水) 10:00 ~ 16:00
  発 表 数:・設計作品賞候補13件(応募21件)
        ・設計技術賞審査結果発表・講評(応募4件)
        ・設計VE報告(応募34件)
  出 席 者:395名
(本社および全国8支店・事業部)

2.開催の趣旨
・ 設計作品技術発表会は、2019年度に竣工した優良設計作品の設計成果を発表し、設計部員の挑戦意欲の醸成、他部門との情報・ノウハウの共有により、顧客への有効な提案力の向上を目的としています。
・ 設計技術賞は以下の評価を行い、設計技術の向上に役立てることを目的としています。
総合部門:計画・構造・設備の総合力、技術性、経済性、環境配慮を評価
計画部門:企画・計画・監理手法についての技術性、経済性、環境配慮を評価
構造部門:構造計画・構法についての技術性、経済性、環境配慮を評価
設備部門:システム計画・環境技術等、設備計画の技術性、経済性、環境配慮
を評価

3.内 容
 平野徹取締役専務執行役員建築本部長の訓話に続き、設計作品賞候補として、宿泊施設、物流施設、共同住宅、医療施設、オフィスビル、生産工場などの作品が発表されました。
 その後、事前審査が行われた設計技術賞作品の概要紹介と、設計VE報告、設計作品賞の講評が行われました。


<平野徹取締役専務執行役員建築本部長の訓話>
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、今回は初めてウェブ会議システムを利用した作品技術発表会となりました。新型コロナウイルスの影響により、今後、お客様のニーズや価値観が大きく変わっていくものと思います。建設業にとっても、感染症に対して、またテレワークに対して、どのような計画をしたらよいのか、更にお客様は何を望むのかを考えていく必要があります。また、お客様の事業形態も大きく変わっていくものと思われます。その中で我々がお客さまの信頼を得て建築事業を推進するために、皆さんには新しい価値を創造する設計をして頂きたいと思います。今回のウェブでの発表会開催と同様に、今後もこれまでの概念を超えた取り組みを活発にし、皆さん一人一人が腕を磨き、力を発揮してくれることを期待しています。

4.表 彰
設計作品賞最優秀賞1件、設計作品賞優秀賞1件
設計作品賞優秀デザイン特別賞2件、設計技術賞最優秀賞1件


           設計作品賞最優秀賞受賞者と平野取締役専務執行役員による記念撮影

  


この件に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム




2020年 インフォメーション一覧に戻る