ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

社長年頭挨拶要旨

株式会社フジタ
代表取締役社長 奥村洋治

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:奥村洋治)は、本日新年互礼会を実施し、代表取締役社長奥村洋治より年頭の挨拶がありましたので、その要旨を以下にお知らせします。





1.日時:2018(平成30)年14日(水)830900

2.場所:SYDホール(東京都渋谷区千駄ケ谷)

3.要旨:

 新年あけましておめでとうございます。年頭の所感を述べさせていただきます。
今年は戌年にちなみ、one more step aheadnumber onewonderfulとなるような年にしていきたいと思います。  

 さて、昨年、我々建設業を取り巻く環境は引き続き追い風の中にありました。今年も引き続き好調であると予想されていますが、こうした状況のなかで、今年のうちに何をやっておかなければならないのか。今後、どのような状況になっても成長をし続けられる企業を我々は目指していますが、例えば今年、バブルがはじけるようなことが起きたとしても、それでも我々は成長を続けられるでしょうか。そのためには、今やっておくべきことが山積しています。今一度整理をし、すぐに取り掛かってほしい。我々自身がしっかりと足元を固め、体制を整えていく年にしなければなりません。

 また、安全・品質・コンプライアンスについてはさらに精度を高める必要があります。安全に関しては、「まぶたの家族運動」を展開していますが、フジタの作業所に来られる労働者の一人ひとりが「無事に家に帰ろう」と思いながら作業できるよう、より徹底していただきたい。品質に関しては、お客様からの信頼を確保するため、技術の会社として、フジタの品質を今一度再確認して間違いのないものづくりをしっかり守っていっていただきたい。そして、コンプライアンスの遵守を改めて徹底してほしい。

 これらをやりきったその暁には、フジタは次のステップに来たことを感じられると確信しています。この1年、皆で大いに努力をして邁進していきましょう。


この件に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム




2018年 インフォメーション一覧に戻る