ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

次世代育成支援対策推進法の基準適合一般事業主認定  「くるみん」マークを取得

 2012(平成24)年10月5日付けで、東京労働局より次世代育成支援対策推進法に基づき、基準適合一般事業主として認定を受け、次世代認定マーク「くるみん」を取得しました。

 これは、従業員の子育て支援のための行動計画(一般事業主行動計画)を策定・実施する等、一定の取得基準を満たしていると認められたものです。

 この行動計画は、社員が仕事と生活を両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、全ての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、6つの目標を掲げ、看護休暇の摘要拡大や在宅勤務の施行についての取り組みを実施しました。

 これからは、認定取得を営業や採用活動などでアピールしながら、仕事と子育てが両立できるようさらに制度を整備し、社員がその個性と能力を活かして働ける職場環境づくりに取り組んでいきます。


フジタ一般事業主行動計画(計画期間:2010年6月1日~2012年5月31日)
6つの目標
1.在宅勤務のトライアルを検討する。
2.子をもつ社員が働きやすい勤務体系をつくる。
3.様々な人事制度を利用しやすいように働きかける。
4.効率的な時間の使い方について啓発する。
5.次代を担う子供たちや学生に建設を通じて、「ものづくり」の楽しさ、「街づくり」の大切さなどを伝える。
6.就業体験機会の提供を目的とした主に大学生を対象としたインターンシップを受け入れる。

kurumin20121022.jpg


2012年 インフォメーション一覧に戻る