ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

施工段階でのCO2削減への取り組み~CO2発生量を常時監視する『CO2モニタリングシステムFCMS』を開発~

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区 社長:上田卓司)は建設工事中に発生する二酸化炭素(CO2)量を簡単に常時計測できる『CO2モニタリングステム(FCMS)』を開発しました。CO2の発生源となる重機等の燃料を計測する装置を対象機器に取付け、作業所に設置したモニタリングユニットから直接インターネット経由で計測データを常時クラウドサーバーに蓄積するシステムです。また現場で消費する電力についても常時計測し、同様にサーバーでデータを蓄積します。今回都内建築作業所と神奈川県内土木作業所にシステムを導入し、効果を実証しました。同システムを利用すれば、各作業所単位だけでなく特定地域の施工現場のCO2発生量を常時把握することができ、各種省エネ活動の効果を判定し更なる対策策定にも有効です。また、運転中の重機オペレーターがCO2の発生量を常時モニターで把握できることにより、作業所全体の省エネ意識向上を図ることができます。
 今後の開発としては、アイドリングストップ警報、燃料過大消費警報等の開発を進めるとともに、これらのシステムの活用でCO2削減効果を高めていきます。

 このシステムの主な特徴は、①簡易に重機等のエンジンの回転数を計測することができ、回転数とCO2排出量の相関関係を事前に把握することで、比較的正確なCO2ガス排出状況を調べることができます。また、ローコストで重機の改造も必要無く容易に取り付けが可能です。
 特徴②電力計測は既存の技術ですが、計測と伝送および集計表示プログラムの自社開発により、各種データをサーバーに蓄積することが可能となります。これらの常時監視により、蓄積されたデータを解析することで、各省エネ対策の効果判定や地域・年度毎のCO2排出量変化を把握することができます。

Fujita CO2 Monitoring System


20121018release1.jpg

20121018release2.jpg

20121018release3.jpg


2012年 インフォメーション一覧に戻る