ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

フジタの若手社員が「空間デザインコンペ」に入選

当社に今年度入社した設計者が「第16回 空間デザイン・コンペティション」(主催:日本電気硝子株式会社 共催:電気硝子建材株式会社、株式会社建材社 後援:株式会社新建築社)の「提案部門」に応募した作品が佳作入選しました。700点余りの応募作品から選ばれたもので、10月7日に表彰式が行われました。


tanpopo.jpg
「tanpopo block ―都市に咲く黄色い花畑―」  →クリックで拡大(PDF 723kB)


都市の中のポケットに入ってしまうほどの小さな公園という意味のポケットパーク。そのほとんどは、緑や水の小さな自然を都市に提供する場です。そこにガラス質の特性を生かす「ガラス質のポケットパーク」が今回の課題でした。
gomada008.jpg今春当社に入社した胡麻田悟史(ゴマダ サトシ/設計エンジニアリングセンター 生産施設エンジニアリング部)は学生時代の後輩、城納剛(ジョウノウ タケシ/近畿大学大学院)と共同で、都市に存在する点字ブロックの中に花を咲かせる新たな提案『tanpopo block ―都市に咲く黄色い花畑―』を制作しました。
「東京と広島という離れた場所で、作品の方向性やイメージを共有するのはなかなか難しかったけれど、寮に帰ってから電話で1時間も話をしたり、アイデアのスケッチをメールでやり取りするなど、連絡を頻繁にとってまとめあげていった。社会人になっても時間を作ってコンペに参加することは可能である。業務で現実的な設計に向き合っていればこそ、コンペのような自由な発想で夢を描ける創作にも、機会があれば今後も取り組んでいきたい」と胡麻田は語っています。



2009年 インフォメーション一覧に戻る