ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

近隣の住環境を守る「統合環境計測システム」 コンピュータの一元管理で作業所のIT化にも貢献

株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司)は、騒音・振動といった作業所で発生するさまざまな環境要因の変化や異常などをいち早くキャッチする「統合環境計測システム」を開発し(特許出願中)、作業所への適用を進めてきましたが、その有効性を確認しました。これによってトラブルや災害を未然に防いで近隣の住環境を守る、きめ細かい工事管理を行うことが一段と確実となることから、採用を積極的に働き掛けていきます。
開発したのは、環境機器(センサー)や監視カメラで計測したデータを、パケット通信網を介してコンピュータで一元管理し、それらの変化や異常などをリアルタイムでインターネット等を利用して配信する汎用システムです。
短期間で計測体制を構築できることや作業所ごとの開発経費が不要であることから、これまでに29作業所に導入されており、近隣の住環境に配慮するシステムとして自治体等の高い評価を得ています。今後、採用が急増することが期待できます。


noise-vibr.JPG
振動、騒音測定


billboard.JPG
電光掲示板で近隣へも公開


《本システムの位置づけ》
施工中の作業所管理では、近隣の住環境に配慮する社会的責任や近隣とのコミュニケーションなども重要な項目のひとつとなっており、騒音・振動をはじめとする各種環境問題や、突風・集中豪雨などの思わぬ気象災害などの発生をいち早くキャッチすることが、速やかな対応を可能とします。
そこで、多くの作業所に短納期、低コストで導入できる汎用システムとして開発したのがオリジナルの「統合環境計測システムです。


《データの流れ》
現場の要所に備え付けられた各種センサーそれぞれからの情報が、携帯電話のパケット通信網を介してデータセンターの統合環境計測サーバーに逐次送られ、一元管理されています。それらのデータは現場から離れた作業所事務所や関係機関でもインターネット経由で24時間リアルタイム監視できるほか、基準値を超えると事務所で警報を鳴らし、また担当者に携帯メールを送り、即座に対応を可能とします。


《本システムの特長》
本システムは性質の違う計測データを、時間軸をそろえて比較できるようにしました。そのために、各種センサー、計測機器と接続可能な汎用通信盤の開発、計測項目の組み合わせが自由に設定可能な汎用表示プログラムの開発を行いました。また、使用するセンサーや監視カメラ等の機器はレンタル品で調達が容易であり、パケット通信網を利用したデータ送信とすることにより機器の設置が簡単にできます。
こうしたことで、従来は2カ月要していた導入期間が、わずか1カ月足らずで計測体制が整うようにしました。
なお、計測する環境データは、現場の規模や作業所ニーズによって自由に組み合わせを決められます。また、必要なデータによる報告書も簡単に作成でき、1カ月あたり平均3~4人・日の省力化を図れます(実績値)。


本システムによる、特に計測データの電光掲示板での情報公開は発注者、近隣住民へのアピール効果が高くなっています。今後は「環境配慮の行き届いたフジタの施工」を、官公庁をはじめ民間の建設工事にも積極的に技術提案していきます。


※標準システムとして、騒音振動、粉塵、地盤沈下、水質、水位の各種計測、気象観測、カメラ監視、ダンプGPS運行監視、緊急地震速報、近隣公開HP、などのメニューがあります



2009年 インフォメーション一覧に戻る