ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

『技術フェア2009 in YOYOGI』を開催

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:上田卓司)は、保有技術、開発技術の社内への普及浸透を目的とした技術発表会『技術フェア2009 in YOYOGI』を開催しましたのでお知らせします。
 この技術発表会は、例年「技術開発成果発表会」として開催してきたもので、今年度より首記の名称に改称したものです。


1.概 要
 日  時:2009(平成21)年7月24日(金) 14:00~17:00
 場  所:更生保護会館 大会議室(渋谷区千駄ヶ谷)
 発表題数:7題
 出 席 者:182名(社員、グループ会社)


2.開催の趣旨
 この技術発表会は、営業に役立つフジタの最先端技術ならびに受注に結びついた技術提案のケーススタディなどを紹介し、最前線の営業マンと技術担当者が連携を深めることを目的としています。そして企画・技術提案力やコスト競争力の強化などを図るとともに、技術開発のさらなる活性化を目指します。


3.内 容
 開会にあたり上田社長より訓話があり、続いて社内表彰を受賞した技術革新大賞1題と技術革新賞2題、受注に結びついた技術提案ケーススタディとして4事例の発表を行いました。
 今回の発表会には70名もの営業マンが参加し、活発な質疑応答がありました。今後も営業と技術がさらに連携を深め、技術開発成果の普及浸透・水平展開を強力に推進していく意思を確認しあいました。


【上田社長の訓話】
 現在の経営課題は筋肉質の企業にすることであり、技術開発ではブラッシュアップ、とりわけ強い技術をより強くして、質の高い受注を増やしていくことである。また、研究開発にお客さまの声をいち早く反映させるために、営業も技術開発に関与する体制にした。本日は多くの営業マンが参加しているが、この技術フェアをとおして技術者との連携を深め、技術をよく理解して、お客様へ有用な技術情報として伝えられるようにしていただきたい。


【発表内容】
~社内表彰受賞技術~
・技術革新大賞:柱RC・梁Sの混合構造「FSRPC-B構法」の実績と適用範囲拡大
・技術革新賞:作業所ITの技術提案および実適用
     〃  :トンネル浅層反射法探査「SSRT」
~受注に結びついた技術提案ケーススタディ~
・事例① CASBEE(R)-S建築(名古屋支店)
・事例② 超高層オフィス(設計エンジニアリングセンター)
・事例③ 地盤改良(東京支店)
・事例④ 小口径・長距離シールド(土木エンジニアリングセンター)


president_ueda090724.JPG
上田社長の訓話


kaijo090724.jpg
発表会場の様子

※「CASBEE」は、財団法人建築環境・省エネルギー機構の登録商標です。



2009年 インフォメーション一覧に戻る