ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

社員・家族対象の作業所見学会「首都高を歩こう!」を開催(2/28東京)

  2月28日(土)、東京都にあるフジタ東京支店首都高初台作業所と首都高目黒作業所において午後2時から4時までの2時間にわたり、社員・家族対象の作業所見学会を開催しました。
 首都圏では雨の日が続いていましたが、当日は薄日もさす中、26家族、約90名が参加しました。
 この作業所見学会は、フジタが推進する「築育」と、職員組合の「匠に訊く」と銘打ったスキルアップセミナーの一環として企画されたものです。首都圏の本社、支店に見学会案内をしたところ、地方支店に単身赴任している社員も帰宅して参加するなど、大きな反響がありました。

 見学会は首都高速中央環状新宿線のうち、首都高初台作業所の西新宿南連結路から首都高目黒作業所の内回りトンネルを通り、代々木換気所付近で折り返して外回りトンネルから初台南出入口に至る、開通前の約1.5kmの各工区を2班に分かれて歩きました。

 参加者は換気の仕組みや火災に対する設備などさまざまな説明に熱心に耳を傾け、緊急避難口をのぞき込むなど、興味津々。大規模な地下空間のスケールの大きさを体感し、開通後は二度と歩けなくなる首都高を堪能しました。
 このような機会を通じて、参加した子どもたちはお父さんやお母さんが社会に貢献する仕事の一端を担っていることを実感したと思います。そして、この中からひとりでも多くの建設技術者が生まれることを期待しています。


0228b.jpg


0228e.JPG


0228c.JPG



2009年 インフォメーション一覧に戻る