ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

高校1年生でも分かった「まちづくりの環境性能」(1/30青森)

 1月30日(金)、青森県立柏木農業高校で今年度新設された環境工学科の1年生35名を対象に、当社技術センターの「CASBEE(R)※評価員」の資格を持つ研究員が、都市計画とCASBEE(建築物総合環境性能評価システム)について出前授業を行いました。
 「建設系の大学生でも難しい」と指摘されるテーマですが、あえて、生徒達が実務レベルの都市計画ならびにCASBEEを、2時間で理解できることを目標に掲げました。

 都市計画については、住宅地の計画で必要となる調査項目を実例を挙げて説明しました。
 CASBEEについては、環境品質、環境負荷、BEE値などの算出方法、海外の取り組み、国内外における環境性能評価システム導入の必要性を説明しました。
 最後に、環境性能評価システムの普及を支える仕組みとして、東京都が推進している環境金融の誘導手法(金利の入札と企業の環境貢献)を説明しました。

 内容が難しいのではないかという予想に反し、生徒全員が真剣な表情で授業に聞き入っていたため、先生方も感心していました。

0130a.jpg


0130b.JPG


0130c.JPG

※「CASBEE」は、財団法人建築環境・省エネルギー機構の登録商標です。



2009年 インフォメーション一覧に戻る