ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

VE手法の紹介

  • 3時間VE 3時間VE
    テーマを決めて、少人数で取り組み3時間程度で結論を得る方法。テープに吹き込んだ手順を再生しながら、ステップを踏んで作業を進めます。

    ダウンロード

  • 工事ソフトVE 工事ソフトVE
    作業手順、制約条件および問題点より機能を抽出して分析し、進める方法です。

    ダウンロード

  • VE計画会議 VE計画会議
    VE活動を実践するためには、まず、目標を設定し、問題点と改善ヒントの抽出を行い、対象の選定・メンバーの編成・活動のスケジュールおよび情報収集を行わなければならない。これらの活動をVE計画とするならば、VE計画の位置付けは重要である。
    基本ステップを機能定義・機能評価・改善案の作成とすると、VEステップとVE計画との関係は車の両輪と言ってよい。作業所のVE対象の数が多い場合は、VE効率を高め、適切なVE対象を選ぶためにVE計画をいかにするかが重要である。
    作業所におけるVE計画上の制約条件は以下のごとくさまざまである。これらの特徴を生かしつつ作業所のVE活動を行うには、VE計画の立案を正しく実施しなければならない。
    フジタでは、作業所の特性に合わせたVE計画の方法を、「VE計画会議」と称し実施している。

    ダウンロード

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります