ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

等価交換

広い敷地の一体開発により価値の高い建物の建設を可能にします

30年以上の経験で培ったノウハウと顧問弁護士・税理士・司法書士等の専門家スタッフとの連携による問題解決力、ゼネコンならではの建築の専門知識を駆使して、特に地権者が多く権利関係の複雑な土地の有効利用を実現します。

お客様のこんなニーズにお応えします

  1. 1.売りたい(土地所有者)
    1. (1)課税が優遇される制度はないか
    2. (2)瑕疵のある土地だが高く売りたい
  2. 2.所有のまま活用したい(土地所有権)
    1. (1)顧客がいるこのエリアを離れたくない
    2. (2)借地・借家の権利を解消して有効利用したい
    3. (3)資金力もノウハウもないが手間をかけずに事業を行いたい
  3. 3.買いたい(デベロッパー)
    1. (1)できるだけ用地取得のリスクを軽減したい

等価交換方式によるマンション事業とは

土地所有者は、土地をデベロッパー(マンション販売会社)に売却して得たお金でその土地にデベロッパーが建設したマンションの一部を購入します。 すなわち、土地からマンション(収益物件・居住用)への資産の買い換え(交換)を行ったことになります。

土地と建物を等価値にて交換する形態

事業のしくみ

  1. 1.土地所有者は、土地を出資するだけで事業資金の負担を行わずに建物を取得することが出来ます。
  2. 2.デベロッパーは、土地を取得するための資金を先行投資するリスクを軽減することができることから地権者・デベロッパー双方にメリットのある土地の活用方法であると言えます。

等価交換事業のメリット

通常の「買い換え」と違うところ

  • 優先分譲価格
    • 土地所有者は「共同事業主」なので、一般の分譲価格から販売経費や事業主利益を差し引いた価格で購入できます。
  • 税制上の優遇措置
    • 立体買換えの特例(租税特別措置法第37条5)の適用により、土地の売却で生ずる譲渡所得に対する課税の繰延べが受けられます。
    • 他の買い換え制度と異なり、従前の用途や所有期間、譲渡所得額の制限がありません。

共同事業化するメリット

  1. 1.建設資金が不要
    1. (1)資金がなくてもリスクを負わずに土地の評価に応じたマンションを取得できます
  2. 2.最新のビル・マンションを取得
    1. (1)最新の耐震基準をクリアした耐火建築物を建設することで防災面の不安を解消します
    2. (2)バリアフリー・防犯・設備面に優れた建物を取得できます
    3. (3)住み慣れた土地で眺望・日当たりの良い住戸で快適な生活を送ることができます
    4. (4)小規模な土地で個別にペンシルビルを建てるより、大型共同ビルのほうが高い収益性と競争力を持ちます
  3. 3.複雑な権利関係の解消
    1. (1)底地・借地の関係を解消します
    2. (2)借家人がいる場合も関係を刷新し、トラブルの少ない賃貸へ切り替えることができます
      (定期借家権の設定、契約条項の見直し)
  4. 4.安定収入の確保
    1. (1)流通性の高いワンルームマンションや設備の整った店舗・事務所等を賃貸することで、従前よりも安定した高収益を得ることができます
    2. (2)複数の住戸を取得することにより、遺産分割が容易になる
    3. (3)必ずしもマンションを取得する必要はなく、単純に売却も可能です

当社の役割

  • フジタの培ってきたノウハウや税理士・弁護士等の専門家との連携により、迅速かつ適切に問題解決(たとえば借家人との交渉など)を図ります
  • マンション建設にあたっての面倒な手続き・煩雑な作業(役所協議・近隣対応など)もフジタが行います
  • 建設期間中の仮住居、引越業者等もご紹介いたします

一貫した作業の推進

  • 地権者の方々の協議(権利調整)から、マンションの建築設計・施工、建物引渡しに至るまで一貫してフジタの職員がコーディネートいたします

首都圏に広がるネットワーク

土地の権利調整から設計・施工、建物引渡し(登記等)、テナントあっせんまで
フジタの職員が直接担当し、一貫して事業を推進します。

拠点オフィス

(H29.4現在)
コミュニティの一員となって地域の将来に貢献します

  • 1城北オフィス
  • 2副都心オフィス
  • 3目黒都南オフィス
  • 4城西オフィス
  • 5千代田オフィス
  • 6城東オフィス

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります