ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

不動産証券化

不動産と金融の融合により都市再生事業に貢献します

街づくり推進の一つの方策として、不動産と金融の融合による「不動産証券化スキーム」の活用という観点から都市再生事業に取り組み、お客様の様々なニーズに応える事業プランを提案しています。

お客様のこんなニーズにお応えします

  1. 1.不動産所有者(土地・建物)
    1. (1)所有する不動産を売却したい→ オフバランス
    2. (2)有利子負債を削減して財務体質を改善したい→ オフバランス
    3. (3)自己資金を使わずに不動産開発をしたい→ 資金調達
    4. (4)自ら不動産を所有せずに街づくりを行ないたい→ 事業主体形成
  2. 2.金融機関・投資家
    1. (1)収益性の高い不動産を所有したい→ 投資効率向上
    2. (2)開発利益を期待できる事業に融資・投資したい→ 投資効率向上

不動産証券化とは

高額商品である不動産を少ない金額で扱えるように(小口化)することで、投資家が容易に
投資できるシステムをつくり、一般市場からの直接資金調達を可能にしたしくみ。

開発型証券化のしくみ

既存の不動産に着目するだけでなく、一から収益性の高い不動産物件を計画します

【用語解説】

不動産の証券化
「実物不動産」が生み出すキャッシュフロー(収益)を受け取る権利を証券や出資持分などの形に変換することによって、投資家が不動産に投資しやすくするしくみをいいます。
開発型証券化
稼動物件が存在しない段階で将来建設される物件を対象に証券化します。不動産開発に要する資金を金融機関・投資家等から調達し、開発(建物竣工)後、不動産売却代金や賃貸収益によって調達資金を償還します。
SPV
Special Purpose Vehicleの略。不動産を証券化する際の便宜上の「器」として作られる媒体。 SPC(Special Purpose Company)もこの一つ。
デット(ファイナンス)
資金調達方法のうち、借入(銀行借入・社債発行等)によるもので、一般に金融機関からの資金調達をいいます。
エクイティ(ファイナンス)
資金調達方法のうち、株式発行や優先出資等によるもので、一般に投資家からの資金調達をいいます。

一般的な不動産証券化の主なメニュー

地域活性化系 高齢者福祉・介護・医療支援系 街並み・景観・歴史保全系
  • 市街地再開発
  • 中心市街地活性化
    (オフィス・商業・住宅・ホテル 等)
  • 産業振興・雇用促進
    (物流施設・大型温浴施設 等)
  • その他
    (マンション建替え・コンバージョン)
  • 特別養護老人ホーム
  • クリニックモール
  • 高齢者向けマンション
  • 町家保全
  • 歴史的建造物保全

当社の役割

都市再生事業に係る各種ノウハウにより、不動産開発プロジェクトを推進するなかで
収益性の高い不動産物件を創出し、設計・施工だけでなく、
SPVを活用した事業スキームの検討やテナント誘致などにも取り組むことで、
企画・開発段階から物件の資産価値増進に寄与しています。

事業の取り組みにあたっては、各種専門会社等と協力のうえ推進しております。

このページは、不動産証券化に関わる一般的な内容および当社の取り組み概要の説明を目的としており、特定の投資商品、銘柄および不動産全般の投資勧誘や売買の推奨を示唆するものではありません。また、必ずしも情報の正確性、完全性を保証するものでもありません。

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります