ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

市街地再開発

「都市問題」の解決を目指す街ぐるみの取り組みをサポートします

特に都市再開発法に基づく市街地再開発事業について、フジタは数多くの経験と実績、人材とノウハウを保有しています。容積率緩和や補助金などの制度・手法を適切に活用しながら、個別敷地を共同化して高度利用を図るといった事業は、フジタがコーディネーターとなり、地方公共団体と地域住民が一体となって進められます。

街のニーズから再開発の「芽」を育てます

  1. 1.土地の有効利用
    1. (1)資産の一部を店舗や事務所に貸したり売ったりして、自分の建物を建替える資金を調達したい
    2. (2)民間の空地や工場跡地の利用について地元の意見を反映させたい
  2. 2.共同化の動き
    1. (1)土地区画整理事業で道路は整備されたが、それに見合う有効利用がされていない
    2. (2)敷地の一部が買収されて土地が不整形になり、単独では満足な店舗や住宅が建てられない
  3. 3.近代化・環境改善
    1. (1)商店街を改造して魅力アップを図りたい
    2. (2)住工混合の木造密集地において、日照・騒音問題のような相隣関係を解消したい

市街地再開発事業とは

都市再開発法に基づく共同建替え事業で、中心市街地内で古い木造建物が密集する地区や
道路・公園等の公共施設の整備が遅れている地区において、
細分化された敷地を統合、建物を不燃化・共同化し、安全で快適な街をつくります。

事業のしくみ

第一種市街地再開発事業〈権利変換方式〉の場合

  1. 1.敷地等を共同化し高度利用することによって、多くの床や公共施設用地を生み出します
  2. 2.従前権利者の権利は、原則として等価で新しい再開発ビルの床(=権利床)に置き換えられます
  3. 3.国や地方公共団体からの補助金と、高度利用によって新たに生み出された床(=保留床)を処分(売却・賃貸等)することによって事業費をまかないます
  4. 4.事業の施行に伴う土地等の資産の譲渡、権利の変換、保留床の取得等については、所得税、法人税、固定資産税等の課税の特例が設けられています

当社の役割

関係者全員の協力体制において、街づくりの企画から資金調達、事業完了後の
管理運営計画までフジタの社員が直接担当し、一貫して事業を推進します。

事業推進プロセス

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります