ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

土地区画整理

宅地や道路が効果的に整備され、土地の財産価値が高まります

フジタは豊富な経験と実績を踏まえ、企業誘致業務委託方式から業務代行方式まで、皆様の希望に沿った形の土地区画整理事業を提案・支援させていただきます。

お客様のこんなニーズにお応えします。

  1. 1.地方公共団体
    1. (1)計画地指定はしたが合意形成が困難
    2. (2)現実的な土地利用計画立案ができない
  2. 2.土地区画整理組合
    1. (1)組合設立前も後も事業推進のノウハウも資金もない
    2. (2)組合設立認可に向け合意形成のやり残しがある
    3. (3)保留地の買主確保に不安がある
    4. (4)組合設立前に組合員の意向を把握し計画に反映したい
    5. (5)早めに換地の有効活用の目途を付けたい

土地区画整理事業とは

土地区画整理法に基づく総合的なまちづくりの手法で、既存のコミュニティを活かしたまま、
宅地と道路・公園等が同時に、かつ効果的に整備されます。

事業のしくみ

  1. 1.土地の所有者等からその面積・位置に応じて少しずつ土地を提供してもらいます(減歩)
  2. 2.この土地を公共施設用地として道路・公園等を整備します(公共減歩)
  3. 3.また住宅デベロッパー等の開発事業者に売却することで事業費の一部にあてます(保留地減歩)
  4. 4.各地権者の所有地の面積は減ってしまいますが、安全で快適な道路、子どもの遊び場や憩いの場としての公園、上下水道やガスなども整備される他、地区内のすべての宅地が道路に面し、形の整った利用しやすいものとなることで、全体の資産価値は向上します。

フジタの役割

フジタは「街づくりコーディネーター」として、地権者・行政・民間企業等が想いをひとつに
一体となって街づくりに取り組む体制を整え、全面的にサポートをしていきます。

モデルケース

事業推進プロセス

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります