ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

土壌浄化

フジタは、環境・不動産・経営リスクである土壌汚染問題を、お客様の事業スキームと一体となり、低コスト・低環境負荷型の独自技術を含む調査・浄化手法を駆使し、土地活用と併せた最適解を提供します。

土壌地下水汚染対策技術

フジタはお客様の立場に立ち、また、CO2排出量削減を含めた地球環境にやさしい浄化修復をめざして、低コスト・低環境負荷の技術開発に取り組んでいます。
また、お客様のあらゆるニーズにお答えするために、種々の土壌地下水対策技術を採用できます。

項目 対策名称 対象 揮発性
有機
化合物
重金属 油類
土壌・地下水対策工 浄化 原位置抽出 真空吸引法    
揚水法

エキスパートシステムPDF

影響評価予測解析技術PDF

気泡連行法 土・水  
電気浸透法 土・水  
原位置熱脱着 土・水  

ファイトレメディエーション

・シダによるヒ素汚染浄化
・植物によるカドミウム汚染浄化
土・水    
原位置洗浄

油の原位置洗浄技術

   
原位置分解 酸化剤・触媒注入 土・水    
透過性浄化壁    
微生物処理
アルカリバイオレメディエーション
土・水  
掘削除去 掘削熱脱着  
掘削不溶化固化  
土壌洗浄  
管理型処分場/埋立場所搬出
熱処理及びセメント材料等利用
封じ込め 原位置
封じ込め
原位置不溶化固化 土・水  
遮水工封じ込め 土・水
掘削除去後
封じ込め
遮断工封じ込め
支援技術   地歴調査手法 土・水

シミュレーション技術PDF

浄化管理最適化技術PDF

土・水
モニタリング技術 土・水
リスク評価手法 土・水

調査・対策の実績

当社の土壌・地下水汚染調査・対策の実績をご紹介します。

調査・対策工実績対象地

廃棄物処分場/鉄鋼所/製線工場/給油所/塗料工場/機械工場/化学工場/研究所/電気部品工場/オフィスビル/金属加工工場/紙製品加工工場/物流倉庫/宅地造成地/鍍金工場/窯業工場/公共施設跡地    他多数

事業推進プロセス

当社の土壌・地下水汚染調査・対策の実績をご紹介します。

土壌汚染対策法に基づく指定調査機関の情報開示

A.
指定調査
機関情報
名称 株式会社フジタ
指定番号 2003-3-1066
住所 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-2
(商業登記簿上の本店所在地:東京都新宿区西新宿4-32-22)
連絡先 建設本部土木エンジニアリングセンター土壌環境部
電話番号:03-3796-3204
FAX番号:03-3796-3215
事業所の所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-25-2
業の登録・許可の状況 建設業/不動産業(宅地建物取引業)/一級建築士事務所/建設コンサルタント業(「地質部門」、「土質及び基礎部門」)/環境計量証明業/他
技術管理者数 7人
土壌汚染調査の従事技術者数 13人
土壌環境事業に関するホ-ムページ http://www.fujita.co.jp/toshisaisei/corporate-value/dojo.html
B.
調査の実績
土壌汚染調査の元請での受注件数 年度 (1)法対象 法対象外
(2)資料等調査
(フェーズ1調査)のみ
(3)試料採取・分析を行った調査
平成28年度 0 0 10
平成27年度 1 0 8
平成26年度 1 0 5
発注者の主な業種 繊維工業、印刷業、化学工業、石油製品製造業、プラスチック製品製造業、窯業、鉄鋼業、非鉄金属製造業、機械製造業、電子・電気機器製造業、電気・ガス業、鉄道業、卸売業、銀行業、不動産業、研究所機関、教育業、医療業、自治体等
C.
技術力
技術者の保有資格と資格保有者数 技術士(建設部門 建設環境) 3
土壌環境監理士 5
土壌環境リスク管理者 5
土壌環境保全士 8
D.
業務品質
管理の取組
業務品質管理の取組状況 品質・環境マネジメントシステムとして、会社全体で、ISO9001およびISO14001の認証を取得しています。
E.
その他
リスクコミュニケーションに関する業務実績 リスクコミュニケーションに関して数多くの経験があり、住民説明会等の近隣対応支援を実施しています。
環境保全活動

環境活動・CSRレポート

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります