ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

CREマネジメント

CREマネジメントとは

企業経営を取り巻く環境が激変し、経営資源の中でも不動産の重要度高まっています。
CREマネジメントとは、企業価値を高め、安定させるため企業不動産(CRE)を検証し、経営戦略的に再構築するものです。

CREマネジメントの必要性

磐石なCREマネジメントで企業価値を高めて安定させる!

1.株主説明責任、買収防衛策
従来の「含み資産=優良資産」は成立しません。
資産価値(コスト)>適正収益
このような不動産が多く、この差が大きいと、経営責任を追及されたり、買収(M&A)の標的になったりする危険性があります。
2.財政基盤の健全化
事業規模や業態により、最適な不動産を資産として保有する必要があります。 不動産保有超過→資産流動性の鈍化、キャッシュフローの悪化 不動産保有極小→担保信用力の劣化、主体事業の不安定化
3.制度変革、環境の変化への対応
固定資産の減損会計対応、棚卸資産(販売用不動産)への低価法適用等が実施されました。さらに2010年より資産除去債務の計上が予定されており、国際会計基準への収斂に対しての準備が必要です。今後は、CO2の管理・排出抑制及び排出権やBCP(事業継続計画)も視野に入れ、経済環境の変化に強い不動産管理を行う必要があります。

CREマネジメントで企業価値をさらにアップさせる!

不動産の中には、活用次第で、適正収益をあげるに留まらず、適正収益より更に大きな収益を生み出す可能性があるものがあります。
フジタはこのような不動産を見つけ出し、最大収益の可能性を追求します。

CREマネジメントのプロセス

フジタのCREソリューション提供体制

ここからフッター情報です

ページ上部へ

ページはここまでです

ページの先頭へ戻ります