ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

植物を用いた金属汚染土壌の浄化(ファイトレメディエーション)

課題:
資産の有効活用を図りたい
施設用途:
農業土木
技術:
環境技術土壌浄化

技術概要

 ファイトレメディエーションは、植物を用いて環境汚染を低減・除去する技術であり、低コストと低環境負荷がキーワードです。
土壌は、揮発性有機化合物(VOCs)と重金属によって汚染される場合があります。VOCsは、揮発性で分解できるために様々な浄化技術が開発されていますが、重金属は分解できない物質であるため、一般的な浄化手段として掘削除去、土壌洗浄、不溶化処理等が実施されています。これらの方法は、コストが高く、エネルギー消費量が大きくなります。
 フジタは、従来手法に加えて、植物を用いた原位置浄化技術を用いることにより、低コスト・低環境負荷で土壌の重金属汚染を低減・除去します。現在、ヒ素とカドミウムに対して、これらを高濃度で吸収・蓄積可能な植物を用意しています。

特徴

① 植物を利用するため、太陽が浄化のエネルギー源であり環境負荷が軽減されます。
② 特定の重金属を高濃度で吸収・蓄積できる特殊な植物(超集積植物)を用いた浄化手法です。
③ これらの植物は吸収した重金属の80%以上を茎葉に蓄積するため、地上部の刈り取りによって効率的に汚染を
  取り除くことができます。
④ 重金属溶出量(環境基準)の低減に有効です。
⑤ 稼働中の工場敷地内、農用地を対象とした実績があります。

phytoreme.jpg

ソリューション・技術に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム