ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

BIMモデルデータを活用した建物管理システムを構築 操作者の負担を軽減し、管理品質を向上

株式会社フジタ
フジタビルメンテナンス株式会社

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:奥村洋治、以下「フジタ」)と、フジタビルメンテナンス株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:公文正純、以下「FBM」)は共同でBIMモデルデータを活用し、建物をより容易に維持管理するための建物管理システム(以下「本システム」)を構築しました。既に、FBMが医療法人相生会福岡みらい病院1(所在地:福岡市東区、設計:株式会社安井建築設計事務所、施工:フジタ)で行う建物管理業務に適用し、有効性を確認しました。
 従来の建物管理業務は、書類による膨大な設備等の管理情報の整理・把握が必要とされ、トラブル発生時の対応は管理者の経験や能力に依存していました。また、点検記録や修繕履歴は個別に管理され、蓄積されているデータが有効活用されにくいという課題がありました。
 本システムでは、3Dデータを用いたプラント設備管理ソフトウェア「NaviPortal®2を建築設備向けに改良し、データベースやBIMモデルを設備等の管理資料とリンクさせることにより、BIMモデルから関連資料の検索が可能となりました。さらに、3Dの扱いに不慣れな人でも使いやすいよう、シンプルな操作仕様としています。
 本システムを導入することで、建物管理業務の経験が少ない人でもBIMモデルの画面上で3D表示された対象設備等の関連資料を即座に調べることができ、管理品質の向上とともに、緊急事態の発生時に迅速で適確な対応が可能となり、お客様の施設運営における安全・安心の確保に強力なサポートを実現します。また、日々蓄積される点検記録や修繕履歴等の文書データはBIMモデル上の対象設備等と自動でリンクし、データベースで管理されることで、今後の修繕計画に役立てていくこともできます。
 一般に、BIMモデルデータによる建物管理システム導入には、大掛かりなデータベース構築が必要となりますが、本システムはパソコンとソフトウェアのみで動作し、サーバー等の設置が不要で容易に導入できます。

[本システムの特長]

BIMモデルから関連資料の検索が可能
シンプルな3Dモデル操作仕様により、3Dの扱いに不慣れな人でも操作可能
3D画面表示により、建物管理業務の経験が少ない人も理解しやすい
緊急事態発生時でも、迅速で適確な対応が可能となり、お客様の施設運営における安全・安心の確保に強力なサポートを実現
点検記録や修繕履歴等の文書データは自動的にBIMモデルとリンクし、データベースに蓄積される
パソコンとソフトウェアのみで動作し、容易に導入可能



 今回得られた知見は、社内におけるBIM運用へ生かし、設計・施工から建物管理まで、一貫したBIMモデル活用を積極的に展開するとともに、エネルギー管理やBCPに対応できるシステムの強化を図っていきます。
 さらに、FBMの強みである医療系を中心に本システムの活用を進め、フジタとFBMの連携を一層強化し、両者の一体的な建物維持管理ビジネスに取り組んでいきます。


1 医療法人相生会福岡みらい病院:平成276月開院 418  整形外科・リハビリテーション科・内科・他5診療科目
※2 NaviPortal®(ナビポータル):東電設計株式会社の登録商標



この件に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム





2017年 インフォメーション一覧に戻る