ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

2016年VE発表会を開催

株式会社フジタ
代表取締役社長 奥村洋治

 大和ハウスグループの株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:奥村洋治)は、このほど「2016年VE発表会」を開催しましたのでお知らせします。

1.概 要
 日 時:2016617日(金) 9:3016:50
 場 所:更生保護会館 4階 大会議室(渋谷区代々木)
 発表数:30
 出席者:358名(フジタ本社および全国8支店・支社・事業部、関係会社、協力会社)

2.開催の趣旨
 この発表会は、フジタと協力会社、関係会社の優れたVE実施事例を報告することにより、相互の情報交換を通じてVE技術の向上と強化・蓄積を図ることを目的としています。

3.発表内容
 開会にあたり、奥村洋治社長と池田愼二会長(新フジタ全国連合会会長)の挨拶と金子賜副社長 (VE推進委員長) の訓話がありました。
 つづく事例発表では、2015年度に本社および支店・事業部から推選された重点VE事例400件の中から、管理、営業、設計、建築、設備及び土木の6部門より24編、並びに関係会社及び協力会社より6編の発表が行われました。発表内容は、顧客満足度を向上させた事例や、生産性向上、工期短縮、工法の省力化・合理化、技術的な問題点の克服、及び管理上の業務改善事例など国際的かつ多岐にわたり、活発な意見交換の場となりました。終わりに、最優秀賞を含む各賞の表彰が行われ、今期の更なるVE活動の発展を祈念して閉会となりました。

                        発表会場の様子

奥村社長挨拶
 フジタのVEの歴史は大変古く、建設業界では最も早い1968年に導入してから、50年近く実績を積み重ねてきた。
 生産性の向上は建設業界の最大の眼目の一つであるが、そのためには、いかにVE活動を活発化していくかが重要になってくる。
 昨今、建設業界において品質に関わる問題が大きく取り上げられている。VEにはコストの低減という狙いもあるが、それにより品質・機能が低下してしまっては本末転倒である。VEの基本である"機能本位"をしっかりと認識して、顧客の信頼を勝ち取ってもらいたい。

池田会長挨拶(新フジタ全国連合会会長)
 新フジタ全国連合会は、全国10地区の藤興会と交通事業部の共栄会で運営しており、今年度は1195社と大きな組織となった。藤興会は、約10年前からフジタのVE発表会に加わり、フジタと一体となってVEを実践してきた。今では躯体・仕上げ・設備・外構など、各専門会社が職種の垣根を越えてVE活動を行っている。大きな組織となった今年度は、より進化したVE活動をして成果をあげていきたい。

4.表 彰
 審査の結果、優秀事例は以下の通りです。

 ■社内 
  最優秀賞:設計「平面計画を維持しつつ、保有技術の適用による総合設計VE
  
賞 :建築「アリーナ大空間鉄骨建方の省力化」
  優 賞 :土木「高欄上部施工のための養生設置を省力化」
  
賞 :設備「電気室換気方式の検討」 
  優 賞 :管理「海外赴任者の定期健康診断受診率の改善」

 ■協力会社 
  最優秀賞:「現場に喜ばれる基礎仮設の検討」
  優 賞 :「調理室の消火設備の見直し」

 ■関係会社
  優 賞 :「東北新幹線山岳地帯における災害発生時の状況掌握迅速化」


この件に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム






2016年 インフォメーション一覧に戻る