ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

2015年 設計作品技術発表会を開催

株式会社フジタ

 株式会社フジタ(本社:東京都渋谷区、社長:奥村洋治)は、このほど2015年設計作品技術発表会を開催しましたのでお知らせします。

1.概 要
  日   時:2015年5月15日(金) 10:00~16:40
  場   所:更生保護会館 4階大会議室(渋谷区千駄ヶ谷)
  発 表 数:・設計作品賞候補13件(応募24件)
        ・設計技術賞審査結果発表・講評(応募10件)
        ・設計VE報告(応募45件)
        ・特別報告1題
  出 席 者:180名
       (本社および全国7支店・事業部、グループ会社・藤田中国、大和ハウス工業)

2.開催の趣旨

設計作品技術発表会は、2014事業年度で竣工した優良設計作品の設計成果を発表し、設計部員の挑戦意欲の醸成、他部門との情報・ノウハウの共有により、顧客への有効な提案力の向上を目的としています。
設計技術賞は以下の評価を行い、設計技術の向上に役立てることを目的としています。
 総合部門:計画・構造・設備の総合力、技術性、経済性、環境配慮を評価
 計画部門:企画・計画・監理手法についての技術性、経済性、環境配慮を評価
 構造部門:構造計画・構法についての技術性、経済性、環境配慮を評価
 設備部門:システム計画・環境技術等、設備計画の技術性、経済性、環境配慮を評価


3.内 容
 奥村社長の訓話に続き、設計作品賞候補として、海外での工場案件、庁舎、教育施設、医療施設、物流施設などの作品が発表されました。
 その後、BIMの特別報告があり、次いで事前審査が行われた設計技術賞作品の概要紹介と、設計作品賞の講評ならびに審査発表が行われました。

・奥村社長の訓話
 今、我々がすべきことは、顧客ニーズに応えていくことだ。そのためには、ニーズを先取りし、川上で提案していくことが大切であり、このような関係を成立させるために、設計部門が果たす役割は大きい。
 現在好調である建設マーケットも、将来的に縮小していくことが予想される。その中で、フジタがさらに成長できるかは、顧客の心をつかみ、より良い提案を行えるかで決まる。そのためにもさらに自分を磨き、より高みに挑戦していくことが大切だ。会社もそのために必要となる資源を投入していく。
 皆さんがその機会をとらえ、高みに到達することが、34年後のフジタをつくり、大和ハウスグループの中で、役立つ会社に変わっていくことができる。
 限られた時間の中で行わなければならず、のんびりしている暇はない。本日の発表内容にも見られるように優れた成果が出てきている。着実に成果はあがってきているが、それをより高めていってほしい。皆で頑張れば必ず達成できる。

4.表 彰

設計作品賞  最優秀賞     千葉トヨペット木更津市ほたる野店
 優 秀 賞 プロロジスパーク大阪5物流センター
 同 一宮町役場新庁舎
 特 別 賞 前田不動産大阪市北区桜橋2ビル
設計技術賞  最優秀賞 :   大学キャンパスのランドスケープを含めた施設の総合提案

                       発表会場の様子


この件に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム




2015年 インフォメーション一覧に戻る