ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

社長年頭挨拶要旨

株式会社フジタ

本日行われました当社新年互礼会において、代表取締役社長執行役員 上田卓司より年頭の挨拶がありましたので、その要旨を以下にお知らせします。

1.日時:2015(平成27)年1月5日(月)8:30~9:00

2.場所:SYDホール(東京都渋谷区千駄ケ谷)

3.要旨:

 2015年の日本経済は、米国経済が極めて順調で、対米輸出が増加し、消費増税のマイナス面が一巡する。そして、円安のプラス効果が企業収益の配分を通じて大きく顕在化するとともに、原油価格等の下落が続くことから、一段と成長するとの明るい見方がある。
 その一方で、消費税再引き上げを2017年4月に延期したことによるマイナス要因や、日銀による金融緩和が継続することにより、円安に歯止めがかからず、そのマイナス効果で日本経済は悪化するとの見方があるなど、予断を許さない状況だ。
 建設業界には若年労働者の確保・育成や社会保険加入問題など、多くの課題があるが、今、業界に追い風が吹いているうちに、当社は、体質改善を進め、力を蓄え、信頼を得て、持続的に成長する会社に生まれ変わらねばならない。
 当社は、成長戦略を策定し、"顧客から必要とされる会社になる"ために、案件主義から顧客主義への転換、企業文化の変革に取り組み始めた。フジタグループならびに協力会社の総合力が試される年になる。
 今年も、更なる推進の為にスピード感をもって、大いにチャレンジしてほしい。
 会社は、常にチャレンジが大事だ。チャレンジを止め、守りに入った瞬間から衰退が始まる。チャレンジには、資格が必要。それは、資金力と健全な財務内容だ。
 大和ハウスグループの一員になり、資金調達力を得、不断の努力で財務内容を改善してきた。その結果、当社は、今、チャレンジできる資格を手に入れた。積極的にチャレンジし、成長戦略を実現しなければならない。
 今年は、No.1分野、No.1エリアそして営業利益率業界No.1を実現するための、土台作りを完成させる1年である。
 元気に、明るく、前向きに前進して行こう。


この件に関するお問い合わせはこちら

株式会社 フジタ 広報

  • Tel.:03-3402-1911

メールでのお問合せ

お問合せメールフォーム




2015年 インフォメーション一覧に戻る