ページ内を移動するためのリンクです

FUJITA DaiwaHouse Group

ここから本文です

社長年頭挨拶要旨

 本日行われました新年互礼会において、代表取締役社長執行役員 上田卓司より年頭の挨拶がありましたので、その要旨を以下にお知らせします。

1.日時:2014(平成26)年1月6日(月)8:30~9:00
2.場所:SYDホール(東京都渋谷区千駄ケ谷)

3.要旨

20140106.jpg
 新年を迎えた。今、当社は大いなる成長に向けた好機を得ている。成長し続ける会社を目指すためには、心技体を整えることが大切。
 どのような時代になろうとも変わらない企業理念と100年を越える歴史で培った進取の精神や誠実さに示される「心」。お客様に最大の価値を生むVE手法、またPDCAをきちんと回すことにより、その中で技術を磨き続ける「技」。企業の総合力として当社の一番のポイントとなる人材づくり、すなわち「体」。成長し続ける会社にはこれら心技体をもう一度確認し、「わが事」として考え行動できる社員が必要。成長するマインドをもって実践できる人材作りに注力していく。
 当社は昨年大和ハウスグループ入りし、名刺、社旗にもエンドレスハートのマークが刻まれている。このマークは当社の企業理念にも通じており、心の豊かさ(ハート)、たゆまず働くこと(エンドレス)を示している。更なる成長のためコア事業を強化し、当社の使命を再確認し、存在感を高めていく。
 当社は今、大きな成長を期待されている。企業理念を胸に、協力業者の方々の協力を得ながら、たゆまず働き、フジタならびにグループの総力で、フジタの成長と再生を勝ち取る一年とし、一致団結して頑張っていこう。



2014年 インフォメーション一覧に戻る